成人式だけじゃない!イベントで映えるiPhone5ケース

成人式のようなイベントで気になるのは
やはり、個性的なアイデンティティ。

振袖、紋付はかまや髪型で自分らしさを主張するのもいいですが、
ここはやはり大人として
ちょっとしたアイテムで自分らしさや人とは違うところを見せたいところ。

特に、スマホをよくいじる人ほど浮いてしまいます。
それならば、周りの人が「それかわいいね。」とか「それどこで買ったの?」
と話題に触れるようなケースがオススメです。

今回はそんな個性が垣間みえるイベントで映えるスマホケースiPhoneケースを紹介。

まず、なかなか無い女性のスマホケース
ラビットファーの本革を使用したこんなケース
705592509_1621862516.jpg
なかなかゴージャスでふわふわが可愛らしいiPhoneケース
インテリアとしても、クラブやカフェで触っているだけで可愛く見えてしまいます。


手帳タイプでないものも


男性の場合はスーツに合うことを前提に
やはり無難なところで革のケースはオススメです。

ポイントは手帳型の見開きタイプであっても
使い勝手のいいもので革の風合いがあるものです。



本体をすべて出さないと使えない袋型のケースだけは避けましょう。
その場合、スマホ本体を取り出したあとの袋は邪魔となってしまうからです。


スマホケースで話題を作りたい人はカラフルでいて
素材に特徴があったり、デザインに特徴のあるクオリティの高いものをオススメ。
特に海外製品などでほかの人とはかぶらないものを選ぶのも面白いですね。



これらは、成人式だけでなく
イベントや合コンなどでもさりげなく個性をアピールするものとして使えます。

自分なりのアイテムを見つけるのもたのしいですよね。

振袖と帯

帯は、成人式に振袖を着る場合に迷うところでもあります。



帯一つで印象と雰囲気ががらりと変わってきます。

選ぶ際にはお店の人の意見を聞いてきちんと選ぶことが重要になってきます。



選び方には、ちょっとしたポイントがあります。

振袖が豪華な場合は、振袖の柄や色身を殺さないように、帯はシックなものを選ぶようにします。



同じ雰囲気のものを選ぶのは厳禁です。同じ雰囲気を持ったものを持ってくると、色も柄もぶつかりあって、イメージがぼやけてしまいます。

銀の刺繍の入ったベージュ系の帯や黒地に金の刺繍などのタイプも振袖をひきたててくれますね。



逆にシンプルな感じの振袖を着るならば、帯は柄のはっきりした華やかなものが振袖を引き立て、帯がアクセントとなってくれますよ。



hurisodeobi.gif


帯で重要なのが、結び方です。



結び方はお太鼓系・文庫系・縦矢系とあり、一番の定番はお太鼓系の「ふくら雀」です。



お太鼓の大きさを変えれば誰にでも似合う上、椅子に座っても着崩れし辛い形なので、成人式にもぴったりの結び方です。

「蝶文庫結び」のような、蝶の羽をイメージした可愛らしい出来上がりのものに人気があります。



華やかに仕上げる締め方ですと、垂れ下がる帯の左右の長さを変えたりしたり、帯揚げや帯締めを使うような締め方もあります。

豪華な着物にもシンプルな着物にも似合う帯の締め方には、縦矢系の「縦矢結び」があります。この締め方は、きりっと引き締まったイメージがあります。



帯の仕上げに欠かせない帯揚げは、半襟の色と合わせたり、着物の色と合わせたりするといいでしょう。

最後に、帯紐は、成人式用に華やかでアクセントのあるものがお薦めです。

振袖の購入

成人式の振袖を購入ですが、最近はレンタルに押されていますね。

以前は、振袖から小物までを事前に購入して成人式に臨んでいましたんですよ。

ただ、保管などの手間から、現在はレンタルがおおいんです。



しかし、やっぱり成人式には自分だけの晴れ着が欲しいと思う女性も多く、またご両親が記念に着物をあつらえさせることもあるようです。

また、振袖は取っておくことによって、世代にわたって受け渡したり、母親や、自分の孫のためにと言う人もいるようです。



振袖を購入することが決まったら、まずは信頼できるお店を選ぶことが大切です。

最近では、小さな呉服店よりも、全国展開をしている大手の販売店やデパートに出店している店は、種類も豊富で品質的にも安心できます。

さらに、商品が回っているために、常に最新のデザインや柄も大手のほうが早くおおくありますね。



ただ、伝統的な柄を扱うには、老舗の呉服店がいいですね。小物も味わいの者があります。



最近では、各店のカタログやパンフレットをインターネットから請求することもできますので、沢山集めて、お店に行く前に自分がどのような着物を着たいかをイメージしておきましょう。



また、振袖はお値段がはりますので、十分に考慮してください。



一度行っただけでは買うことは稀ですが、なるべく沢山のお店を下見するようにしましょう。

下見の際には、自分が着たいイメージを伝え、自分がどの色や柄が似合うかを確認するようにします。

和装の場合、しっかり着てみるとよいでしょう。

今まで思いもよらない色がにあったりしますよ。



失敗しない振袖選びは、その際にはきちんとメイクが重要です。レンタルでも同じですが、ノーメイクだと印象が全く違ってきます。





納得のいく買い物をするためには、きちんと着たりして自分の一枚を見つけていきましょう。

振袖の選び方,レンタル,メリット

一生に一度のイベントである成人式。
振袖は、成人式の女性の衣装としても人気ありますよね。
そんな振袖ですが、成人式で振袖を着る場合、レンタルか購入かをまず考えることになります。

振袖は、以前は購入する人も多かったようですが、成人式以外に着る機会が少ないことや保管などが面倒ということもあり、現在ではレンタルする人の方が多くなっているようです。

最近では、レンタルといえどもあからさまに着古したものは置いてありませんので、見劣りすることもありません。そういう意味では、人気のあるものを取り扱っていることが多いため、レンタルで気に入った者を選ぶということとちゃんと写真を撮っておくといいですよね。
記念ですから。

最近のレンタルサービスには写真撮影もついているものもあります。
最初にどのようなサービスを行なっているかを確認してからレンタルするようにしましょう。

レンタルでは、バラエティ豊かな品揃えをしており、選ぶのに困ってしまうほどです。

着物をレンタルする場合のメリットとしては、値段が購入よりも抑えられることと、
着る前後の手間や着た後の手入れ・保管をしなくてもよいということがあります。
着物はかさばりますし、保存も注意しないといけないですからね。

レンタル店によりますが、大抵が草履やバッグ、髪飾りなどの小物込みのセット価格でレンタルできるようになっており、最近では着付け・ヘアメイクや写真まで込みのところもあります。

一生に1回しかない大事なイベントですから、写真サービス付は嬉しいですね。


尚、振袖を選ぶ際には、レンタル・購入のいずれにせよ、最初にきちんと予算を伝えておくことが大切です。

成人式のヘアスタイル

成人式に和装で出席するためヘアスタイルが重要になります。
成人式の女性の髪形はやっぱり気になりますよね。今までの映像を見ると、アップスタイルが多いですよね。

女性にとっては、この髪型をするのも実はとても楽しみだったりするのですよ。結婚式に友人として出席する場合もアップスタイルは人気です。華やかさがありますもんね。

ヘアスタイルのほとんどがアップスタイルですが、お団子の位置を変えたり髪飾りやかんざしの選び方で印象が違ってきます。

前髪を上げるのとおでこを隠すのでも印象が全く違うので、前撮りの写真と成人式当日のスタイルと変えて楽しむことが出来ます。


短いからってあきらめないでくださいね。ヘアースタイルはショートカットの人でも楽しむことが出来ます。
また、ショートカットのヘアスタイルはエクステンションやウィッグなどをつけることで変化を楽しむことが出来ます。

特にエクステは、普段と少し違う自分をしばらく実感できるので、成人式を機にチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

大人っぽく見せたい人は髪質を美しく見せる努力をすると効果的です。
今は、電子トリートメントで、つやを出すこともできます。ショートでのヘアスタイルショートカットの髪型での着物姿はロングヘアの人より大人っぽく見えるのが特徴です。

ヘアスタイルでアクセントとして髪飾りもポイントになります。
髪飾りは和装店で選ぶことが出来ますが、それ以外のアクセサリー店で売っている髪飾りを和装に組み合わせることでオリジナルのスタイルが出来ます。

お祝いの席でしかなかなかできない派手な髪形も活かせることができますね。

美容室でも、成人式は力が入ります。着る着物のいろや雰囲気と合わせて相談してみると着物や服装そしてあなたに合うヘアースタイルにしてもらえると思いますよ。

  • アルマダm3.1 電子トリートメント
  • 成人式の振袖の種類

    一般的に「振袖」というと大振袖のことを指します。
    成人式でよく着られるものは、中振袖が一般的なんです。

    未婚女性の一般的な礼装である中振袖は、成人式以外にも着る機会はあります。結婚披露宴などのパーティーシーンで着ても華やかですよね。

    振袖の柄にもたくさんの種類があります。
    成人式ということもあり豪華なものもよいですね。
    オーソドックスな柄でも最近は華やかなカラーリングが人気です。牡丹や椿・藤といった花や草木、御所車、鳥や蝶などの古典柄のものは豪華でありながらも気品があるものです。
    扇や手鞠、小鼓などのモダン柄は、可愛らしく個性的な雰囲気があるために選ばれる方も増えているんですよ。

    最近の特徴として、幾何学模様を取り入れた新感覚の柄も登場しています。
    柄が着物全体に入っている一般的なものから、袖だけに柄が入っているもの、袖と着物を合わせて一枚の絵のようになっているもの、単色やグラデーションなど、振袖には様々な種類があります。

    振袖の柄だけではなく、色合いも、赤にしても鮮やかなものから渋いもの、朱色に近いものなど、洋服に比べて抜群にバリエーションが豊富です。

    また、ほかの人と違う雰囲気を持つものとして、パステルカラーや、シックな雰囲気でクールな黒やパープル、白・銀色を基調としたクール系のカラーも人気があるんです。
    あまり、伝統的なものよりも、個人の好き嫌いがあるのでまずは、本人のお気に入りをあわせてみるものがよいでしょう。


    柄やカラーを選ぶには、少し洋服と異なる判断の仕方があります。

    自分に合った色の着物は、顔が明るく映り、あごやうなじのラインがすっきりとして見えます。

    また、柄の入り方も背の高い人ならば全体に柄の入ったもの、小柄な人ならばあまり大きくない模様で縦に流れるような柄を選ぶなど、その人の体型や顔の形に合った色や柄を考えて、成人式用の振袖の柄と色味を選ぶことが重要です。

    きっと似合う色、柄が見つかります。

    成人式には振袖

    成人式の服装といえば、未婚女性の第一礼装である振袖が人気です。

    華やかで豪華な着物は初々しくも品があり、晴れの日の装いとしてもいいですよね。

    また、なかなか振袖を着ることもこういうときだからこそということがいえますよね。

    最近は成人式もスーツがも増えてきています。ですが、やはり女性にとって特別な節目の日ということもあるので、振袖を着ることのできるいい機会でもあります。

    一口に振袖といっても、沢山の種類があります。

    柄は本当にいろいろあるために、呉服店や着物専門店などのショップかデパートに入っているショールームに足を運んでみましょう。

    振袖のフェアを開催している際には、その年の新作着物の紹介なども行なっています。ただ、振袖は普段の色味よりも明るい色などをチェックしていることがお勧めです。あわせてみるとぐっと、似合うということがあります。直接、見に行くことをお薦めします。

    着物ショップには、着物だけでなく和装下着やバッグ・草履などの小物まで揃っていますので、トータルで選ぶといいでしょう。
    また、洋装と違って和装のコーディネートは難しく、自分の好みのものが全く似合わないということがありますよね。

    この場合も、ショップでならばプロが好みを考えながら選んでくれますまた、この時期は、小物も合わせて成人式用にセット販売・レンタルしているところが殆どです。

    着付けやヘアメイク、写真までがセットになった商品を打出しているところもありますので、自分の予算と相談して選ぶようにしましょう。

    一生涯に一度の成人のお祝いを振袖を着て、大人っぽく決めて見るのもいいとおもいますよ。

    是非、1月の成人式には、振袖を着て大人の仲間入りをしてみませんか。

    タグ:振袖 成人式

    スポンサードリンク


    検索
     
    カテゴリ
    リンク集
    最近の記事
    サイトマップ&検索
    成人式のための情報ブログのサイトマップ
    成人式のための情報ブログのサイトマップです。記事一覧を示しています
    もし何かありましたら、下記よりお調べ下さい
    スポンサードリンク
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。