振袖と帯

帯は、成人式に振袖を着る場合に迷うところでもあります。



帯一つで印象と雰囲気ががらりと変わってきます。

選ぶ際にはお店の人の意見を聞いてきちんと選ぶことが重要になってきます。



選び方には、ちょっとしたポイントがあります。

振袖が豪華な場合は、振袖の柄や色身を殺さないように、帯はシックなものを選ぶようにします。



同じ雰囲気のものを選ぶのは厳禁です。同じ雰囲気を持ったものを持ってくると、色も柄もぶつかりあって、イメージがぼやけてしまいます。

銀の刺繍の入ったベージュ系の帯や黒地に金の刺繍などのタイプも振袖をひきたててくれますね。



逆にシンプルな感じの振袖を着るならば、帯は柄のはっきりした華やかなものが振袖を引き立て、帯がアクセントとなってくれますよ。



hurisodeobi.gif


帯で重要なのが、結び方です。



結び方はお太鼓系・文庫系・縦矢系とあり、一番の定番はお太鼓系の「ふくら雀」です。



お太鼓の大きさを変えれば誰にでも似合う上、椅子に座っても着崩れし辛い形なので、成人式にもぴったりの結び方です。

「蝶文庫結び」のような、蝶の羽をイメージした可愛らしい出来上がりのものに人気があります。



華やかに仕上げる締め方ですと、垂れ下がる帯の左右の長さを変えたりしたり、帯揚げや帯締めを使うような締め方もあります。

豪華な着物にもシンプルな着物にも似合う帯の締め方には、縦矢系の「縦矢結び」があります。この締め方は、きりっと引き締まったイメージがあります。



帯の仕上げに欠かせない帯揚げは、半襟の色と合わせたり、着物の色と合わせたりするといいでしょう。

最後に、帯紐は、成人式用に華やかでアクセントのあるものがお薦めです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

スポンサードリンク


検索
 
カテゴリ
リンク集
最近の記事
サイトマップ&検索
成人式のための情報ブログのサイトマップ
成人式のための情報ブログのサイトマップです。記事一覧を示しています
もし何かありましたら、下記よりお調べ下さい
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。